青の花茶 成分

成分って?

青の花茶成分

飲むだけで無理なく痩せられると今注目の青の花茶!

 

でも、青色のお茶を飲むだけで痩せるなんてちょっと怪しい…なんて思われた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

いままで辛い運動や食事制限などを経験されてきた方は特に疑ってしまいますよね。

 

 

でもご安心ください!

 

青の花茶を飲むだけで痩せるにはしっかりと理由があるのです!

 

それは青の花茶に含まれる成分にありましたのでその詳細を今回はお伝えしていこうと思います!

 

 

 

青の花茶の成分って?

 

 

青の花茶を飲むだけで痩せる理由はそこに含まれる5種類のハーブにありました!

 

 

・バタフライピー

 

・甜茶

 

・アマチャヅル

 

・ラフマ

 

・メグスリノキ

 

 

・・・と、いわれてもよくわからないですよね。

 

では、それぞれの成分についてみていきましょう!

 

 

 

バタフライピー

 

青の花茶の大きな特徴でもある綺麗な青色のお茶の正体はこのバタフライピー!

 

バタフライピーとは東南アジア原産のマメ科の植物で、美容大国であるタイでは昔から愛飲されているとてもポピュラーなハーブです。

 

着色料などは一切使用せず、昔から染物などにも使われていたこのバタフライピーの天然色素そのものなので安心して飲むことができます。

 

さらには、この天然色素にはポリフェノールの1種であるアントシアニンがたっぷり含まれているのですが、その量はなんと…ブルーベリーの約4.2倍!!

 

しかも、ブルーベリーに含まれるアントシアニンよりも安全性に優れ、酸化しにくい特徴もあるのです!

 

 

甜茶

 

甜茶はどこかで聞いたことある方も多いのではないでしょうか?

 

古くから飲まれている健康茶でノンシュガーなのにほんのり甘い青の花茶ですが、その甘味の正体はこの甜茶の成分によるものでした!

 

甜茶には砂糖の約75倍から100倍もの甘さがあり、しかもその甘味成分は体には蓄えられないというなんとも嬉しい成分なのです!

 

この成分がブレンドされているおかげで、青の花茶は飲んでも太らない甘みのあるハーブティーにすることができたのですね。

 

 

アマチャヅル

 

アマチャヅルには体のリズムを正常に戻してくれるという成分があります。

 

さらにはカテキンと同様の健康効果を持つサポニンという成分を含んでおり、その数は高麗人参よりも多い70種類以上!

 

この成分のおかげでダイエットしながらも、血の巡りをよくしたり様々な健康サポートもできちゃうのです。

 

 

ラフマ

 

リラックスをするのに有効な成分が豊富に含まれており、ダイエット中にはつきもののモヤモヤの解消になっているのです。

 

ラフマがブレンドされているおかげで、青の花茶はノンストレスでダイエットすることができたり、就寝前に飲むことでリラックスできより良い睡眠を取ることができるのですね!

 

さらには、ポリフェノールの1種であるフラボノイドも多く含まれています。

 

 

メグスリノキ

 

こちらは日本にのみ生息する珍しい植物で古くから健康のために使用されてきました。

 

タンニンやカテキンなどの利尿作用や抗菌作用がふくまれており、さらには樹皮、幹、葉いずれにも様々な健康成分を含んでいることが確認されています。

 

 

 

青の花茶の成分のまとめ

 

いかがでしょうか?

 

飲むだけで痩せるという青の花茶は、こんなに素敵な5種類のハーブのブレンドによりできていることがわかりました。

 

美容や健康に良いとされる成分がふくまれていることはもちろんのこと、徹底した品質管理のもと作られているので安心して飲むことができます。

 

 

皆さんも青の花茶を飲んで夏までにストレスフリーで痩せちゃいましょう♪

 

公式サイトには気になる青の花茶の詳細が載っていますので、興味のある方はぜひご覧になってみて下さい。

 

 

>>青の花茶の詳しい成分はこちらから確認