青の花茶 妊娠中

妊娠中でも飲んでいいの?

青の花茶妊娠中

美容業界でも注目を集めている青の花茶には女性に嬉しい成分がたくさん含まれています!

 

ダイエットはもちろんリラックス効果や眼精疲労などにも効果があり、見た目も綺麗な青色でほんのり甘くて飲みやすいとリピーターが続出中!

 

 

ですが、妊娠中の方は要注意。

 

基本的に体にいいとされてるハーブティーですが、中には妊娠中は控えた方がいいものも多くあります。

 

青の花茶はノンカフェインなので問題なさそうですが実際はどうでしょう?

 

妊娠中の方やその可能性がある方、また副作用についても調べてみましたので要チェックです。

 

 

 

青の花茶妊娠中は飲んで大丈夫?

 

 

結果からお伝えすると、青の花茶の妊娠中の服用はNGです。

 

ノンカフェインなのに?天然植物で作られているのに?など不思議に思うことがあるでしょう。

 

そこで今回は妊娠中に飲めない理由についてお伝えしていきます。

 

 

青の花茶の購入後は自己責任、自己判断になりますのでよく理解することが必要です。

 

 

 

青の花茶はなぜ妊娠中に飲んではいけないの?

 

 

・子宮収縮作用がある

 

青の花茶の主成分であり、綺麗な青色の正体であるバタフライピーですが子宮を収縮させる作用があります。

 

なので、妊娠中は控えた方がいいでしょう。

 

 

そして妊娠中はもちろんのこと、その可能性がある場合には早めに一旦お休みすると安心かもしれないですね。

 

 

 

・妊娠中は体調、体質に変化がでることも

 

 

青の花茶の成分は健康をサポートするものや美容に良いものがたくさん含まれています。

 

ですが、妊娠中は敏感に反応してしまったり、いままで問題なかったものが急にダメになってしまうなど予想外のことが起こる可能性も…。

 

 

妊娠はとても神秘的なことであり、安心して過ごせるよう念のため控えておいた方がいいでしょう。

 

 

 

出産後は大丈夫?

 

無事出産を終えると妊娠中よりも危険性は低くなりますが、まだまだ体調は万全ではありません。

 

念のため授乳期間中も控えておいた方が安心でしょう。

 

授乳期間も終えて妊娠前と同じく、体が万全な状態になってから再開することをオススメします。

 

 

 

青の花茶の副作用について

 

 

では、副作用はどうでしょう?

 

公式サイトでも記載がありますが、いくら自然のものを使用していても健康的なハーブをブレンドしていても、どうしても人によって体質に合わない場合もあります。

 

万が一、青の花茶を飲んだ後に何かいつもと違う違和感を感じるようなことがあれば、すぐに使用をやめ医師に相談するようにしましょう。

 

 

また薬の服用についても、相性が合わない場合などもありますので念のため医師に相談してから使用するようにしましょう。

 

 

 

妊娠中の青の花茶まとめ

 

 

健康にも美容にもとてもいい成分の含まれている青の花茶ですが、妊娠中は控えたほうがいいことがわかりましたね。

 

また授乳中も控えておくとさらに安心です。

 

 

そして万が一、体に違和感を感じた場合や薬との併用がある際には医師に相談するようにしましょう。

 

 

 

もちろん青の花茶自体には魅力的な成分、効果がたくさん含まれています!

 

念のため妊娠、授乳中は赤ちゃんのために念のため控えるようにして、体調を万全にして再開しましょう!

 

忙しい子育て中も青の花茶を飲みながらホッと一息。

 

青の花茶で綺麗なお母さんになっちゃいましょう♪

 

 

>>青の花茶で綺麗なママになりたい方はこちら